« 歩数計 | トップページ | 本屋さんの買い物籠 »

消えるボールペン

今日は、既にお買い物済みのお話です。
最近PILOTからでているフリクションボールというボールペンを使い始めました。これはいわゆる消えるボールペンで、カラーも色々です。黒のボールペンはあまり興味がないのですが、カラーだと、間違えてラインを引いてしまっても消せるしとても便利。実は色の着いたボールペン、学生時代からあまり使わなかったんです。全く使ったことが無かったわけではありませんよ。もちろん使っていたのですが、自分の意図していたところより長く線を引いてしまったり、後から違う色で線を引けばよかったと後悔することがよくあったので、なんとなく、あまり色は使わなくなり、鉛筆だけで済ませてしまったりするようになりました。でも色がカラフルなテキストとかノートとか憧れですね。
昨年は『東大合格生のノートは必ずうつくしい』という本も出て、ノートブームだったのでしょうか、他にも色々ノートを見せる本や雑誌の特集などありましたね。他人のノートや手帳はなんだかとても気になるもの。沢山の情報が詰め込まれているような気がしてしまいます。消せるボールペンで私も楽しい読書とノート作りをしよう!

ここで、このボールペンにちょっとリクエストがあるのですよね。ボールペンの後ろに、消しゴムならぬラバーがついているのですが、これが曲者。ポールペンを使うときキャップをはずして、お尻にさしてしまうと、ラバーが使えなくなってしまうのです。消すときに、一々キャップを取るか、またはキャップはお尻につけないで、机に転がしておかないと、使うときに一手間かかってしまうのですよね。これって、結構気になる動作。キャップの頭にラバーがついていたら問題が無いのにと思います。それから、キャップがついているタイプしか見かけたことがないのですが、ノック式のボールペンもあったらいいのに、そしたらキャップ問題も解決と思っています。

PILOTさまお願い!

|

« 歩数計 | トップページ | 本屋さんの買い物籠 »

お買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86010/45100849

この記事へのトラックバック一覧です: 消えるボールペン:

« 歩数計 | トップページ | 本屋さんの買い物籠 »