« 村上春樹著『アフターダーク』 | Main | 山田信哉著『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学』 »

映画「トンマッコルへようこそ」

よかった。ちょっと悲しいけど、心があったかくなった。

いろんな事情の兵隊さん6人。仲間じゃないから争いが起こる、けれど、暖かく見守る村人たち。

空から降ってくる白いものってとっても綺麗なのですね。それがポップコーンであっても。

映像が美しく、村の生活を魅力的に見せている。平和っていいですね。誰も憎まないで、恨まないで、争わないで、笑顔で生きていられたらいいのに。簡単なようで難しいけれど、いつも笑顔で過ごしたいですね。

戦争は嫌ですね。悲しいです。最後はやっぱり戦争映画だったけど、真綿で包まれたようなふわっとした気持ちになるような、救いがありました。

|

« 村上春樹著『アフターダーク』 | Main | 山田信哉著『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画「トンマッコルへようこそ」:

» トンマッコルへようこそ [TRUTH?ブログエリア]
Welcome to Dongmakgol監督:パク・クァンヒョン映画 韓 05 [Read More]

Tracked on November 03, 2006 12:55 PM

» 「トンマッコルへようこそ」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「トンマッコルへようこそ」 監督:パク・クァンヒョン 出演:チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、ソ・ジェギョン、リュ・ドグァン、スティーヴ・テシュラー、チョン・ジェジン  1950年11月,朝鮮戦争が真最中だった頃,絶壁の山の奥深くに、他の土地から隔絶し自給自足の生活を送る不思議な村トンマッコルがあった。 笑顔が絶えず、争いごともない平和なその村に、... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 06:07 AM

» 【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでした。 ...... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 08:35 PM

» トンマッコルへようこそ♪観て良かった! [銅版画制作の日々]
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供のように純粋な”という意味だそうです 2005年、韓国で、観客に最も愛された映画。800万人が泣いて笑った韓国映画界で、数々のハリウッド大作を抜いて興行収入NO.1の座に�... [Read More]

Tracked on November 10, 2006 12:51 PM

» トンマッコルへようこそ [いろいろと]
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは [Read More]

Tracked on November 13, 2006 10:19 PM

» 「トンマッコルへようこそ」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画の名前を見ると「マッコリ」を思い出すなぁ~。なんて考えていたら、チケットを買う時に「トンマッコリへようこそ1枚」なんて言ってしまい恥ずかしい思いをしました。と言うわけで、トンマッコルへようこそを見てきました。... [Read More]

Tracked on November 16, 2006 11:49 PM

» 「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場 [soramove]
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開 リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。 「トンマッコルへようこそ」★★★★ シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン 主演 1950年朝鮮戦争真っ只中、 隊からはぐれ...... [Read More]

Tracked on November 24, 2006 02:15 AM

» 「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに [はらやんの映画徒然草]
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので [Read More]

Tracked on November 26, 2006 07:18 PM

« 村上春樹著『アフターダーク』 | Main | 山田信哉著『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学』 »